安倍文殊院

あべもんじゅいん

奈良県 桜井市

安倍文殊院

奈良県の国宝・文化財を巡るモデルコース。切戸文殊(京都府)、亀岡文殊(山形県)とともに日本三文殊に数えられるお寺、安倍文殊院。左大臣だった安倍倉梯麻呂が飛鳥時代の645年(大化元年)に安倍氏の氏寺として創建しました。安倍晴明ゆかりの寺でもあります。本堂に安置されている本尊、騎獅文殊菩薩と脇侍像が国宝と指定されています。鎌倉時代の大仏師、快慶の作で「知恵の文殊」として親しまれています。日本最大の文殊菩薩像になります。境内地には古墳もあり、豪族安倍氏一族の墓であるということです。

国宝・文化財を巡るモデルコース

まず本堂へ。本尊の騎獅文殊菩薩及び脇侍[国宝]が拝観できます。その後、境内奥にある白山堂(白山神社)[重文]を見ていきましょう。

    【所要時間は?】0~1時間
    【種類は?】国宝-彫刻仏像
    【いつ見られる?】いつでも
  1. S

    JR・近鉄 桜井駅

  2. B

    バス停 安倍文殊院

  3. 1

    安倍文殊院 本堂

    安倍文殊院 本堂

    本堂は江戸時代の1665年(寛文5年)に再建されたもので、文殊菩薩を安置する大収蔵庫が併設されています。

    • 国宝
      彫刻
      木造騎獅文殊菩薩及脇侍像
  4. 2

    安倍文殊院 白山堂

    安倍文殊院 白山堂

    境内の鎮守で室町時代の建立です。

    • 重文
      建造物
      白山神社本殿
  5. B

    バス停 安倍文殊院

  6. S

    JR・近鉄 桜井駅

安倍文殊院周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

安倍文殊院の関連ツイート