高松塚古墳

たかまつづかこふん

奈良県 高市郡明日香村

高松塚古墳

奈良県の国宝・文化財を巡るモデルコース。明日香村にある古墳、高松塚古墳。終末期の古墳で、被葬者には諸説あります。石室内の極彩色壁画が国宝に指定されています。西壁の女子群像が特に有名です。現在石室を解体し、壁画が書かれた切石を修復施設に運び入れ、修復・保存のための手立てが打たれているところです。高松塚古墳にほど近いところにある修復作業室は不定期に公開がされていて、その際にガラス越しに実物を見ることができます。事前申込制となっていますので、募集を待ちましょう。明日香歴史公園内には実際の墳丘と、複製品ですが壁画を観賞できる高松塚壁画館もあります。

国宝・文化財を巡るモデルコース

高松塚古墳壁画[国宝]の実物を見るには、公開時に申し込んだうえで、明日香歴史公園内の修復作業室を訪ねます。

    【所要時間は?】0~1時間
    【種類は?】国宝-その他
    【いつ見られる?】企画展があれば
  1. S

    近鉄 飛鳥駅

  2. 1

    高松塚古墳 壁画修理作業室

    高松塚古墳 壁画修理作業室

    現在もまだ修復作業中です。

    • 国宝
      絵画
      高松塚古墳壁画
  3. S

    近鉄 飛鳥駅

高松塚古墳周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

高松塚古墳の関連ツイート