醍醐寺

だいごじ

京都府 京都市伏見区

醍醐寺

京都府の国宝・文化財を巡るモデルコース。醍醐にある真言宗醍醐派の総本山、醍醐寺。平安時代の874年(貞観16年)、理源大師が開山したものです。醍醐山上に広がる「上醍醐」を寺域とし修験霊場として発展しましたが、後に醍醐天皇が山麓に「下醍醐」の伽藍を整備し、現在の規模となりました。なかでも醍醐寺の本坊にあたる三宝院には、特別名勝の庭園を国宝の書院から眺められる、贅沢な時間があります。上醍醐に登るには時間も体力も必要ですが、国宝伽藍を見るためには上醍醐も外せません。豊臣秀吉の「醍醐の花見」から桜の季節、また紅葉の頃にも混み合います。

国宝・文化財を巡るモデルコース

総門を入ってすぐ左手にあるのが三宝院です。大玄関[重文]から殿堂に入ると、葵の間・秋草の間・勅使之間[重文]に続いて表書院[国宝]を見学できます。表書院からは庭園[特別名勝]、襖絵[重文]が見られます。奥には宸殿・純浄観[重文]、本堂[重文]と弥勒菩薩坐像[重文]がありますが、通常は非公開です。時期を限定して特別公開していることがあるのでチェックを。三宝院の後は参道を挟んで向かい側にある霊宝館へ行きましょう。薬師三尊像[国宝]などの仏像、訶梨帝母像[国宝]などの絵画、宋版一切経[国宝]などの書籍を展示しています。霊宝館を出て三宝院の唐門[国宝]、西大門(仁王門)の金剛力士像[重文]を見ながら参道を歩くと、正面に見えてくるのが金堂[国宝]です。堂内には本尊の薬師如来[重文]が祀られています。金堂の正面には清瀧宮の本殿[重文]があります。その隣には五重塔[国宝]。初層内部には壁画[国宝]もありますが、内部は非公開です。日月門を抜け、上醍醐への登山道を1時間ほど登っていきます。上醍醐の諸堂が並ぶエリアに入ってすぐ左手に清瀧宮があり、拝殿[国宝]と本殿前に石燈籠[重文]が見られます。さらに先へ進むと薬師堂[国宝]、如意輪堂[重文]、開山堂[重文]と続きます。開山堂には理源大師坐像[重文]があります。また同じ道を戻って下山します。

    【所要時間は?】3~4時間
    【種類は?】国宝-建造物/国宝-彫刻仏像/国宝-その他/特別名勝
    【いつ見られる?】いつでも
  1. S

    地下鉄 醍醐駅

  2. 1

    三宝院 殿堂

    三宝院 殿堂

    葵の間・秋草の間・勅使之間を経て表書院へ至ります。障壁画も重要文化財です。秀吉の作庭と伝わる名園があり、表書院は庭園に面した書院で、能舞台にもなります。

    • 国宝
      建造物
      三宝院殿堂表書院
    • その他
      特別名勝
      醍醐寺三宝院庭園
    • 重文
      建造物
      三宝院殿堂玄関
    • 重文
      建造物
      三宝院殿堂勅使の間、秋草の間及び葵の間
    • 重文
      建造物
      三宝院殿堂宸殿
  3. 2

    醍醐寺 霊宝館

    宝物館です。展示品は随時入れ替わります。

    • 国宝
      彫刻
      木造薬師如来及両脇侍像(薬師堂安置)
    • 国宝
      彫刻
      木造虚空蔵菩薩立像
    • 国宝
      絵画
      紙本著色絵因果経
    • 国宝
      絵画
      絹本著色五大尊像
    • 国宝
      絵画
      絹本著色訶梨帝母像
  4. 3

    三宝院 唐門

    三宝院 唐門

    近年修復されきれいになりました。通常は門は閉まっていて、通れません。

    • 国宝
      建造物
      三宝院唐門
  5. 4

    醍醐寺 西大門

    醍醐寺 西大門

    下醍醐を東西にわける仁王門です。

    • 重文
      彫刻
      木造金剛力士立像(所在西大門)
  6. 5

    醍醐寺 金堂

    醍醐寺 金堂

    醍醐寺の中心となるお堂です。

    • 国宝
      建造物
      醍醐寺金堂
    • 重文
      彫刻
      木造薬師如来及両脇侍像(金堂安置)
  7. 6

    醍醐寺 清瀧宮(下醍醐)

    醍醐寺 清瀧宮(下醍醐)

    上醍醐から分身を移して祀っているものになります。

    • 重文
      建造物
      醍醐寺清滝宮本殿
  8. 7

    醍醐寺 五重塔

    醍醐寺 五重塔

    平安時代中期、京都府下で最も古い木造建築物です。

    • 国宝
      建造物
      醍醐寺五重塔
    • 国宝
      絵画
      五重塔初重壁画(板絵著色)
  9. 8

    醍醐寺 清瀧宮(上醍醐)

    醍醐寺 清瀧宮(上醍醐)

    醍醐寺の鎮守社。寝殿造りの手法を生かした拝殿が国宝と指定されています。

    • 国宝
      建造物
      醍醐寺清滝宮拝殿
    • 重文
      工芸品
      石燈籠
  10. 9

    醍醐寺 薬師堂

    醍醐寺 薬師堂

    平安時代の建築となる国宝です。本尊の薬師三尊像は霊宝館に移されています。

    • 国宝
      建造物
      醍醐寺薬師堂
  11. 10

    醍醐寺 如意輪堂・開山堂

    醍醐寺 如意輪堂・開山堂 醍醐寺 如意輪堂・開山堂

    醍醐寺開山の理源大師聖宝が上醍醐を開いた際、准胝堂とともに最初に建てた建物が如意輪堂。開山堂には醍醐寺開山の理源大師を祀ります。

    • 重文
      建造物
      醍醐寺開山堂
    • 重文
      建造物
      醍醐寺如意輪堂
    • 重文
      彫刻
      木造理源大師坐像(開山堂安置)
  12. S

    地下鉄 醍醐駅

醍醐寺周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

醍醐寺の関連動画

  • 【京都 桜の名所】醍醐寺の桜 : Daigoji Temple and Cherry Blossoms(Kyoto, Japan)

    【Anna Film Production】世界遺産の醍醐寺と桜を撮影いたしました。晴れ予報をものともしない突風とにわか雨に驚きましたが広大な敷地はいつも通り優雅な様相でした。 Daigo-ji (醍醐寺, ...

  • 新型コロナ鎮静を祈願 京都・醍醐寺で「病魔退散」法要

    【SankeiNews】世界遺産、醍醐寺(京都市伏見区)は15日、新型コロナウイルスの早期鎮静を祈願し、「病魔退散祈願法要」を執り行った。 法要は、同寺の中心伽藍である金堂(国宝)で行 ...

  • 【4k】世界遺産 京都 醍醐寺: 上醍醐への道のり-World Heritage Kami-daigo-temple

    【Anna Film Production】下醍醐裏手の回転ドアを越えて、緩やかな坂を上ると透き通った水の音が聞こえ始め、上醍醐への入山口が現れました。途中で人とすれ違うことはほとんどなく一時間ほど ...

醍醐寺の関連ツイート