延暦寺

えんりゃくじ

滋賀県 大津市

延暦寺

滋賀県の国宝・文化財を巡るモデルコース。大津市にあり、比叡山全域を境内とする寺院、延暦寺。世界遺産にも登録されています。奈良時代の788年(延暦7年)、伝教大師最澄が開山し、皇室や貴族の尊崇を得て発展しました。織田信長による焼き討ちなどを経て、ほとんどの堂宇は比較的新しい建築です。広い境内は東塔、西塔、横川の3地区に分かれています。延暦寺発祥の地であり、本堂にあたる根本中堂のある東塔は最も参拝客も多く、賑わっています。国宝は東塔にあります。第2世天台座主によって開かれた西塔は、第3世天台座主によって開かれた横川にも国の重要文化財があるので、あわせて立ち寄ってもいいでしょう。

国宝・文化財を巡るモデルコース

比叡山東塔で根本中堂[国宝]へ。廻廊[重文]もあわせて見ていきます。続いて根本中堂正面の東にある文殊楼[重文]。山王社[重文]を経て大講堂[重文]。戒壇院[重文]の先の石段を上ると阿弥陀堂[重文]があります。その後は国宝殿に寄って天台法華宗年分縁起[国宝]、不動明王二童子立像[重文]などの寺宝を鑑賞しましょう。国宝殿すぐそばのバスセンターからシャトルバスで西塔、横川へ向かうことができます。

    【所要時間は?】1~2時間
    【種類は?】国宝-建造物/国宝-その他
    【いつ見られる?】いつでも
  1. S

    ケーブルカー 延暦寺駅

  2. 1

    延暦寺 東塔 根本中堂

    延暦寺 東塔 根本中堂

    日本で3番目に大きい木造建築で、延暦寺の総本堂にあたります。1200年以上「不滅の法灯」が灯り続けています。

    • 国宝
      建造物
      延暦寺根本中堂
    • 重文
      建造物
      延暦寺根本中堂廻廊
  3. 2

    延暦寺 東塔 文殊楼

    延暦寺 東塔 文殊楼

    延暦寺の山門にあたります。山麓から徒歩で登る場合、ここが境内への入り口になります。

    • 重文
      建造物
      延暦寺文殊楼
  4. 3

    延暦寺 東塔 山王社

    大書院のそばにある小さな社です。

    • 重文
      建造物
      延暦寺山王社
  5. 4

    延暦寺 東塔 大講堂

    延暦寺 東塔 大講堂

    僧侶の学問修行のための道場。

    • 重文
      建造物
      延暦寺大講堂(旧東照宮本地堂)
  6. 5

    延暦寺 東塔 戒壇院

    延暦寺 東塔 戒壇院

    僧が住職になるために大乗戒(規律)を受ける堂です。

    • 重文
      建造物
      延暦寺戒壇院
  7. 6

    延暦寺 東塔 阿弥陀堂

    延暦寺 東塔 阿弥陀堂

    檀信徒の先祖回向の道場です。

    • 重文
      建造物
      延暦寺阿弥陀堂鐘楼
  8. 7

    延暦寺 東塔 国宝殿

    延暦寺 東塔 国宝殿

    国宝、重要文化財を多数収蔵しています。展示は入れ替わりがあります。

    • 国宝
      古文書
      伝教大師将来目録貞元二十一年五月十三日/明州剌史鄭審則跋
    • 国宝
      古文書
      天台法華宗年分縁起伝教大師筆
    • 国宝
      古文書
      伝教大師入唐牒
    • 国宝
      古文書
      嵯峨天皇宸翰光定戒牒(弘仁十四年四月十四日)
    • 重文
      彫刻
      木造不動明王二童子像
  9. S

    ケーブルカー 延暦寺駅

延暦寺周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

延暦寺の関連動画

  • 比叡山 延暦寺の散策: Walking Around Mt.Hiei-zan Enryaku-ji Temple(Kyoto, Japan)

    【Anna Film Production】強風の中、八瀬比叡山口から延暦寺東塔エリアを経て横川までを散策いたしました。強風のロープウェイはとてもスリルがありま ...

  • 【1分で解説】比叡山延暦寺(観光/アクセス/歴史/見どころ/回り方/修行/根本中堂/見どころ/料金/デート)

    【「見るだけ」観光リサーチ】比叡山延暦寺#滋賀観光#見るだけ観光リサーチ □インスタグラム(裏側アカ) □ お仕事のご依頼もDMでお願いします。

  • 【滋賀観光】滋賀旅行で訪れたい!日本仏教の聖地・延暦寺

    【旅行の達人】滋賀県への旅行や観光で参考にしてください。今回は滋賀観光で延暦寺を訪れた際、より楽しめるポイントのご紹介です。

延暦寺の関連ツイート

昭和初期の観光ガイド 日本案内記