法隆寺 伝法堂

法隆寺 伝法堂

奈良県の国宝・文化財を巡るモデルコース「法隆寺・中宮寺・法起寺」で訪ねる「法隆寺 伝法堂」の紹介。住居を移転して仏堂に改めたものとされ、奈良時代の住宅遺構としても貴重なものです。

保有する国宝・文化財

  1. 15

    法隆寺 伝法堂

    • 国宝
      建造物
      法隆寺東院伝法堂
    • 重文
      彫刻
      木造梵天立像(所在食堂)
    • 重文
      彫刻
      乾漆阿弥陀如來両脇士像
    • 重文
      彫刻
      木造阿弥陀如来坐像
    • 重文
      彫刻
      乾漆観音勢至菩薩立像
    • 重文
      彫刻
      木造釈迦如来坐像
    • 重文
      彫刻
      木造弥勒仏坐像
    • 重文
      彫刻
      木造薬師如来坐像
    • 重文
      彫刻
      乾漆阿弥陀如來及両脇侍像(伝法堂安置)
    • 重文
      彫刻
      乾漆阿弥陀如來坐像
    • 重文
      彫刻
      木造四天王立像(所在伝法堂)
    • 重文
      彫刻
      木造帝釈天立像(所在食堂)
昭和初期の観光ガイド 日本案内記