長谷寺 仁王門・登廊

長谷寺 仁王門・登廊

奈良県の国宝・文化財を巡るモデルコース「長谷寺」で訪ねる「長谷寺 仁王門・登廊」の紹介。登廊は屋根付きの階段で、百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれています。宗宝蔵は春と秋に開扉して宝物公開を行っています。

保有する国宝・文化財

  1. 2

    長谷寺 仁王門・登廊

    長谷寺 仁王門・登廊
    • 重文
      建造物
      長谷寺登廊 (上登廊)
    • 重文
      建造物
      長谷寺登廊 (蔵王堂)
    • 重文
      建造物
      長谷寺登廊 (中登廊)
    • 重文
      建造物
      長谷寺登廊 (繋屋)
    • 重文
      建造物
      長谷寺登廊 (下登廊)
    • 重文
      建造物
      長谷寺仁王門
    • 重文
      彫刻
      木造地蔵菩薩立像(地蔵堂安置)
    • 重文
      彫刻
      木造不動明王坐像
    • 重文
      彫刻
      銅造十一面観音立像
    • 重文
      書跡・典籍
      僻蓮抄
昭和初期の観光ガイド 日本案内記