平等院 鳳翔館

平等院 鳳翔館

京都府の国宝・文化財を巡るモデルコース「平等院」で訪ねる「平等院 鳳翔館」の紹介。国宝の鳳凰は、以前鳳凰堂の屋根に乗っていたもので、鳳凰堂の名の元になったものです。やはり国宝の梵鐘は、神護寺、三井寺(園城寺)の鐘と並び、「天下の三名鐘」に数えられています。十一面観音立像は観音堂内にあったものです。

保有する国宝・文化財

  1. 4

    平等院 鳳翔館

    • 国宝
      工芸品
      梵鐘
    • 国宝
      工芸品
      金銅鳳凰(鳳凰堂中堂旧棟飾)
    • 重文
      彫刻
      木造十一面観音立像
昭和初期の観光ガイド 日本案内記