広隆寺 講堂・鐘楼

広隆寺 講堂・鐘楼

京都府の国宝・文化財を巡るモデルコース「広隆寺」で訪ねる「広隆寺 講堂・鐘楼」の紹介。京都市内では数少ない平安時代の建築です。もともと金堂として使用されたものとされます。

保有する国宝・文化財

  1. 1

    広隆寺 講堂・鐘楼

    • 国宝
      彫刻
      木造阿弥陀如来坐像(講堂安置)
    • 重文
      建造物
      広隆寺講堂
    • 重文
      彫刻
      木造地蔵菩薩坐像(伝道昌作/所在講堂)
    • 重文
      彫刻
      木造虚空蔵菩薩坐像(伝道昌作/所在講堂)
    • 重文
      工芸品
      鉄鐘