善水寺

ぜんすいじ

滋賀県 湖南市

善水寺

滋賀県の国宝・文化財を巡るモデルコース。湖南市にある天台宗の寺院、善水寺。常楽寺、長寿寺とともに湖南三山のひとつに数えられています。奈良時代の創建で、元明天皇が国家鎮護の道場として建立したものと伝わります。桓武天皇が病気になった際、最澄がここの霊水を献上したところ回復したということから、善水の名があります。その水は現在も汲むことができます。兵火を免れた本堂が国宝と指定されています。本堂には重要文化財の仏像を多数収蔵しています。庭園も美しいものです。

国宝・文化財を巡るモデルコース

山腹にあり、山道のような参道を上ります。観音堂を過ぎ、本堂[国宝]に至ります。本堂では仏像が並んでいます。外陣には金剛二力士立像[重文]。内陣では、四天王立像[重文]、梵天・帝釈天立像[重文]などを見ることができます。裏堂には不動明王坐像[重文]に兜跋毘沙門天立像[重文]。本尊の薬師如来坐像[重文]は秘仏で、開帳間隔も決まっていません。また誕生釈迦仏立像[重文]も通常は非公開となっています。機会があれば拝見してみたいものです。

    【所要時間は?】0~1時間
    【種類は?】国宝-建造物
    【いつ見られる?】いつでも
  1. S

    JR 甲西駅

  2. B

    バス停 岩根

  3. 1

    善水寺

    善水寺

    荘厳でどっしりした構えの本堂は、屋根の優美なカーブも注目を。

    • 国宝
      建造物
      善水寺本堂
    • 重文
      彫刻
      木造兜跋毘沙門天立像
    • 重文
      彫刻
      木造持国天立像
    • 重文
      彫刻
      木造四天王立像
    • 重文
      彫刻
      木造不動明王坐像
  4. B

    バス停 岩根

  5. S

    JR 甲西駅

善水寺周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

善水寺の関連ツイート