伊能忠敬記念館

いのうただたかきねんかん

千葉県 香取市

伊能忠敬記念館

千葉県の国宝・文化財を巡るモデルコース。佐原にある博物館、伊能忠敬記念館。佐原出身の伊能忠敬は日本全国を測量し、日本初の実測日本地図を作ったことで知られる人物です。記念館では伊能忠敬の半生と、隠居後の測量工程、成果としての伊能図を多数展示しています。「伊能忠敬関係資料」として一括で国宝指定されているものには、地図・絵図類787点、文書・記録類569点、書状類398点、典籍類528点、器具類63点と非常に多くの資料を含みます。館内ではこれらを見ることができます。

国宝・文化財を巡るモデルコース

伊能忠敬記念館内に伊能忠敬関係資料[国宝]が展示されています。

    【所要時間は?】0~1時間
    【種類は?】国宝-その他
    【いつ見られる?】いつでも
  1. S

    JR 佐原駅

  2. 1

    伊能忠敬記念館

    伊能忠敬記念館

    そばには伊能忠敬旧宅があり、あわせて見学できます。

    • 国宝
      歴史資料
      伊能忠敬関係資料
  3. S

    JR 佐原駅

伊能忠敬記念館周辺のおすすめ旅館・ホテル

周辺の国宝コース

伊能忠敬記念館の関連動画

  • 伊能忠敬記念館

    【modvill】伊能忠敬記念館への道.

  • おうちでも体験!伊能忠敬の地図作り【自由研究】【伊能忠敬記念館公式】

    【かとり生涯学習チャンネル】伊能忠敬が地図を作った手法は、「針穴」を使った独特なもの。でも実はやり方は単純で、おうちでもマネできる?!下図(したず)と呼ばれる ...

  • 伊能忠敬の地図「世紀の発見」 4000万歩で日本地図を初作成

    【FNNプライムオンライン】4000万歩の男、伊能忠敬の「新しい地図」が見つかったと発表された。 日本地図学会・太田弘常任理事「地図の分野にいる人間からとって、 ...

伊能忠敬記念館の関連ツイート