大浦天主堂

大浦天主堂

長崎県の国宝・文化財を巡るモデルコース「大浦天主堂・南山手」で訪ねる「大浦天主堂」の紹介。中世ヨーロッパ時代を代表するゴシック調の教会建築です。旧羅典神学校は1875年(明治8年)に完成したラテン神学校で、校舎兼宿舎として使用されていました。

保有する国宝・文化財

  1. 1

    大浦天主堂

    大浦天主堂
    • 国宝
      建造物
      大浦天主堂
    • 重文
      建造物
      旧羅典神学校
昭和初期の観光ガイド 日本案内記